離婚調停

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

離婚調停を成功させる為にすべきこと ~自己紹介~


当ブログをご覧を頂き、ありがとうございます。

 

管理人の「まいみらい」です。

 

現在、離婚を専門に扱う某法務事務所に勤めている1児(男の子)のシングルマザーです。

 

今年、ようやく行政書士の資格を取得(未登録)でき、法律面もカバーできる離婚カウンセラーを目指して日々勉強中です。

 

このブログを見られている方は、離婚調停について何らかの悩みや不安などを抱えておられると思います。

 

「はじめての離婚調停だから何をすればいいか分からない・・・」

 

「離婚調停でも決着がつかなければどうしよう・・・」

 

「私に不利な流れで調停が進んでしまっている・・・」

 

このような思い等が常に頭によぎる日々は、本当に精神的に辛いですよね。

 

私も調停離婚者ですので、その痛みは分かります。

 

自己紹介のページなので、私が離婚調停を成立するまでの経緯などを軽くお話しさせて頂きます。

 

 

離婚調停をすることになった経緯

私は7年前に離婚調停しました。

 

一瞬たりとも予想していなかった、結婚7年目でのまさかの離婚でした。

 

離婚となったきっかけは夫の不倫です。

 

ある日、見るつもりが無かったが、ふと夫の携帯をみると、私の知らない女性との親密な関係が窺える内容のメールを受信していた。

 

ここ最近の夫の様子がおかしいかも?とは思っていたので、すぐに夫の物を調査。

 

色々調べているうちに、相手と仲良く映っている写真や、ラブホテルの領収書などを発見し、二人は不倫関係であることが発覚。

 

頭の中が真っ白になり、一瞬にして心が死にました。

 

でもこのとき、この事は私だけの心にしまっておこう、私が見過ごせば家庭に波風が立たずに平穏な日々が過ごせる。

 

そう思い込もうとしました。

 

 

夫から初めて暴力を振われる

しかし、信じていた夫に裏切られたことで身も心もボロボロ。

 

寝ても覚めても、怒り、悲しみ、自己否定感など、負の感情が襲ってきて、苦しくておかしくなりそうでした。

 

そのせいで、息子の世話さえもおろそかになっていたのです。

 

「やっぱり見過ごすことはできない…夫に事情を聞くしかない!」

 

私は夫が不倫したことを素直に認めて謝ってくれれば、私は許すつもりでした。

 

ところが夫の口から出たのは、「やってないって何度も言っているだろう!俺の言うことがそんなに信用できないのか!」

 

それでも私がずっと追究をやめないでいると、

 

「うるせーよ!いいかげんにしろ!!」と怒鳴られ、思いっきり殴られたのです。

 

私はただただ恐怖し、それ以上は何も追及できませんでした。

 

それ以降、2人の関係はどん底に・・・

 

 

不倫が夫を狂わしていると思ったが…

暴力は一度だけだったが、それ以降は喧嘩する日が続きました。

 

…何もかも投げ出してしまいたい気持ちに。

 

それでも、夫は不倫のせいで物事を正しく判断できなくしていると思っていた。

 

だからその内、夫は自身の過ちを認め、夫婦関係をやり直してくれるものだと期待していました。

 

しかし夫の態度は一向に変わらず、平行線のまま。

 

息子も情緒不安定になりかけていたので、これではいけないと思い、息子を連れて別居しました。

 

別居することで、夫が私たちに対して、何らかの行動を起こしているくれるはず、と信じていた。

 

でもその思いとは裏腹に、夫は数カ月経っても、向こうからは連絡1つすらしてこなかったのです。

 

反省はおろか、事実を全く認めない、私と息子に歩み寄ろうとしない姿を見て、夫は本当にで頭がイカれていると認識が変わった。

 

加えて、幼い息子に対して何ら一切のフォローもせずに放置したこと。

 

この人はこんなにも非情で情けない男だったことが、私の心をさらにズタズタにした。

 

不倫発覚後もなお、私と息子を裏切り続けている。

 

だから、そのような夫に対して、もう戻れないと思い、離婚を決意しました。

 

 

修復を諦めて、夫に離婚を求めるも

そして夫に離婚を切り出したところ、

 

「離婚ならそれでいいよ、勝手すればいい!!

 

「でも悪いのはおまえだから、慰謝料も何も払わないからな!離婚届はそっちで勝手に出しとけ」

 

こんな感じで離婚協議に全く応じようとしません。

 

事態がこう着した為、仕方なく離婚調停を申し立てました。

 

申し立て後しばらくすると、夫は弁護士を代理人につけてきました。

 

私も同じように弁護士をつけたかったのですが、別居時の費用や生活費で多額のお金を使った為、弁護士費用の捻出は無理でした。

 

「夫に弁護士をついた以上、こっちは圧倒的に不利だ・・・」

 

絶望感に包まれました。

 

それでも「息子には迷惑をかけられない、少しでも前を向かなければ」との思いから、ネットや本で離婚や調停のこと調べました。

 

そして、あるホームページの情報が元で事態は好転し、私は無事に希望する内容での離婚をすることができました。

 

 

 

離婚調停を成功させるには

離婚調停を成功させるには、やはり離婚調停についての勉強は必要だと思います。

 

特に「調停委員の対策」は必須です。

 

あなたは今実際にこのページをご覧頂いているのは、離婚調停について情報を得ようとされているからだと思います。

 

その行為は本当に正しい行為だと思います。

 

私自身も、あなたと同じように、本やネットなどで色々調べたからこそ、離婚調停を成功させることが出来ました。

 

このブログは、離婚調停の事で悩んでいる方に、少しでもその悩みが解消に繋がればと思い、離婚調停の情報を発信しています。

 

それでは、あなたの離婚調停が無事成功で終わることを願っています。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

絶望的だった私の離婚調停が成功できた理由

あなたは離婚調停をするが、もしくは離婚調停中だが、

 

  • 勝つ為に何をすればいいか分からない
  • 慰謝料などを相手より有利な条件で別れたい
  • 調停委員を味方にする具体的な方法が知りたい
  • 自分に不利な流れなので何とかしたい
  • 離婚調停を失敗させたくない・・・など

     

    このような悩みや考えをお持ちでなはいでしょうか?

     

    私の離婚調停も不利な流れで進み、絶望しか描けず、どうしていいか分からず、途方に暮れていました。

     

    しかし、ある情報がきっかけで理想的な調停離婚をすることができました。

     

    もし、あなたが離婚調停のことで悩んでいるなら、私の経験談などは、あなたの悩みの解決に繋がるキッカケになるかもしれません。

     

    詳しくは下のボタンよりご覧ください。

     

     

 

その他   0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索