離婚調停

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

ご紹介、理想かつ離婚調停に強い弁護士を無料で探してくれる案内所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分一人の力だけでも離婚調停が出来るのは知っているが、やっぱり一人では不安。

 

または仕事が忙しく、離婚調停対策をする時間が取れない。

 

この様な理由等から、どうしても弁護士にサポートをしてほしいという方もおられるでしょう。

 

その離婚調停のサポート等について弁護士に相談したいと思った時、次の様な考えなどが出てくるのではないでしょうか?

 

  • 離婚調停に強い弁護士に相談したい
  • 裁判は嫌なので調停で決着したい
  • こちらの希望をよく聞いてくれる弁護士が良い
  • 夜間や土日も相談に応じてくれる事務所が良い
  • 自分と年の近い弁護士に相談したい・・・などなど

 

あなたのこの先の人生に関わる弁護士選びは慎重にする必要があるので、その様な希望を持つことは本当に正しいことです。

 

特に「離婚調停に強い弁護士に相談」することは、無事に離婚問題を解決出来るか否かに繋がるので、本当に重要です。

 

 

 

弁護士によって結果は大きく違う

とはいえ、仕事または家事・育児が忙しくて時間が無い為、そのような弁護士を探すのは難しいという方もいるでしょう。

 

仮に探す時間が取れたとしても、自分の希望に合う弁護士を探す為には問合せをしなければなりません。

 

でも法律事務所などの士業系の事務所は、どうしても敷居を高く感じてしまうのではないでしょうか?

 

その為、問合せすること自体に緊張したり、自分の細かな希望を伝えることに躊躇してしまうことがあります。

 

自分の細かな希望を伝えられず、その場の流れに合わせて何となく弁護士を選んでしまうと、あなたの離婚調停は失敗します。

 

自分の希望に沿わない結果となるのですから当然ですね。

 

加えて、弁護士選びの際にやってしまいがちな大きなミス。

 

それは、離婚の法律の知識だけはあるが、離婚調停での経験則が乏しい弁護士に依頼してしまうことです。

 

このブログの記事で幾度となくお伝えしていますが、離婚調停は法律が全てではありません。

 

よって、法律を駆使すれば有利になるわけではないのです。

 

有利に進めることができるかどうかは“調停委員をどれだけ味方につけることができるか”です。

 

離婚調停の経験が乏しい弁護士は、このことを分っておらず、法律知識だけを駆使して、依頼人をサポートしてしまうのです。

 

その結果、養育費や慰謝料、親権や面会交流などの離婚条件が全然満足いかない内容で決着してしまうのです。

 

 

不満足な内容で決着すると・・・

養育費や慰謝料などが少ない為、生活するのがやっとで、金銭的な余裕が全くありません。

 

その為、子供がやりたい事に対し我慢をさせたり、不憫な思いをさせなければなりません。

 

また親権や面会交流を求める側は、親権はおろか、子供にも会うこともままなりません。

 

自分の子供の成長を見ることが出来ないことで、非常にやるせない思いをこの先ずっとしなければなりません。

 

子供にやりたいことを我慢させる。

 

離婚後、一方の親と会うことが無い為、子供がその親に捨てられたと感じる。

 

これらの様な環境に子供がおかれることで、その子の人格形成に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

悪影響を及ぼすとは、情緒不安定になったり、不登校になったり、不良に走ったりすることです。

 

弁護士選びに失敗することで、あなたが辛い思いをするのはもちろん。

 

何よりも、離婚について何の責任もない子供に対して、一番迷惑が掛かってしまいます。

 

この様な最悪な事態は絶対に避けなければなりません。

 

 

 

離婚調停に強い弁護士は見つけるには

そうならない為にも、相談する弁護士は、やはり離婚調停のサポートが豊富な人物でないといけません。

 

離婚調停のサポートが豊富であれば、調停委員の特性も当然知っているからです。

 

しかし先ほどお伝えした通り、自分自身でその様な弁護士を見つけることは簡単ではありません。

 

「今の時代、ネットで簡単に調べられるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、弁護士のホームページなどに書かれている「離婚調停が得意」なんてものは信用できません。

 

それを信用して相談したところ、早々と「離婚調停での成立は難しいので、裁判での決着を目指しましょう」

 

なんて適当な対応をする事務所もあるのです。

 

それではどうすればいいのか?

 

そこでお勧めしたいしたいのが、日本法規情報株式会社が提供している「弁護士などの専門家と相談者のマッチングサービス」です。

 

専門家と相談者のマッチングサービスの詳細はこちら

 

主な特徴は次の通りです。

① 選りすぐりした全国1000事務所3000人以上の弁護士をはじめとする離婚の専門家の中から、希望条件に合った専門家の紹介を無料で受けることが出来ます。
② 「女性の先生に相談したい」、「土日や夜間に相談したい」「ベテランの弁護士に相談したい」などの細かな希望条件にももちろん対応。
③ 無料案内を行う会社は弁護士等の専門家と相談者のマッチング業務を10年以上手掛けているので実績豊富、フジサンケイビジネスアイ等にも紹介される。
④ 「専門家にとりあえず相談だけしたい」でもご利用頂けます。

あなたの希望を聞く案内所の相談員は、敷居を高く感じる法律家ではなく、一般企業のスタッフです。

 

ですので、遠慮なく気軽に話ができますので、より細かな希望を伝えることが出来ます。

 

実際に紹介を受けて相談したからといって、必ず依頼する必要はなく、相談だけを希望することもできますよ。

 

あなたが相談し、サポートを依頼する弁護士により、今後の人生が大きく影響されます。

 

ですので、相談する弁護士選びには、一切の妥協をする訳にはいきません。

 

このサービスを利用すれば、「夜間対応の事務所や自分と年の近い弁護士に相談したい」等の細やかな希望に沿うことはもちろん。

 

最も重要である“真”に離婚調停を得意とする弁護士の紹介を受けられます。

 

専門家と相談者のマッチングサービスを、10年以上手掛けているからこそ、本当に離婚調停に強い弁護士を知っているのです。

 

その弁護士に相談し、サポートを依頼すれば、離婚調停で取り返しのつかないような失敗を防ぐことが出来ます。

 

そして安心して新たな第二の人生を、無事にスタートを切ることができるのです。

 

離婚調停に強い等、自分の理想とする弁護士を自身で探すのは難しいと思う方は、この無料案内サービスを利用する事をお勧めします。

 

詳細はこの下↓のオレンジ色のボタンをクリックしてご覧ください。

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
タグクラウド
不倫した側から離婚調停 中立性・公平性に欠ける調停委員 円満調停の注意点 円満調停の申し立て方法 円満調停の進め方 別居中の生活費 家庭裁判所で離婚問題を解決 弁護士に依頼すれば有利に進めることが出来るのか? 慰謝料を調停で求めるメリットとは? 調停で弁護士を雇えば慰謝料はたくさん受取れる? 調停で慰謝料を多く獲得する方法 調停委員から離婚調停についての説明 調停委員の役割 調停委員の特性 調停離婚とは 調停離婚の手続き 離婚の調停委員とは 離婚の調停委員を味方にする方法 離婚調停 財産分与 パート 離婚調停での弁護士の役割 離婚調停での弁護士費用の平均額 離婚調停での養育費の取り決め方の流れ 離婚調停で慰謝料を請求する方法 離婚調停で話し合える内容 離婚調停のアクセサリー 離婚調停の事情説明書 離婚調停の付属書類 離婚調停の取り下げ方法 離婚調停の呼出状 離婚調停の弁護士の見つけ方 離婚調停の待合室 離婚調停の方が慰謝料は多く貰える? 離婚調停の申し立ての添付書類 離婚調停の申し立ての趣旨 離婚調停の申立書の書き方 離婚調停の申立書の注意点 離婚調停の要点 離婚調停の身なり 離婚調停の進行に関する照会回答書 離婚調停の髪形 離婚調停はひとりでもできる? 離婚調停は離婚後いつまでできる? 離婚調停中の生活費 離婚調停必勝法 養育費を離婚調停で決める際に知っておきたいこと
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方