離婚調停 2回目

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

どうやって2回目以降の離婚調停は進められるか


前回は、離婚調停の初回の流れや内容を取り上げました。
(前回記事「初回の離婚調停が、どうやって進行されるかの詳細をお教えします」)

 

今回はその続きで、初回の調停が終わり、2回目の調停を待つ間の心境面について。

 

そして、2回目以降の離婚調停が、どのように進められるかを主に取り上げますね。

 

前回の記事と今回の記事を読んで頂ければ、離婚調停というものが、どのようなものかを、具体的にイメージして頂けると思います。

 

 

初回の調停を終えた後の心境とは


初回から約1ヶ月経ったぐらいに設定されます。

 

その間には、色々なことが頭によぎると思います。

 

「私の話したことは上手く調停委員や、夫に伝わったかな?」

 

「少し、感情的な態度を取ってしまった。そんな私を見て調停委員は駄目な妻だと思っただろうな」

 

「なんで調停委員は夫の肩ばかり持って、私の話はきちんと聞いてくれないのだろうか?」

 

「初回は上手く伝えられなかったが、次回はきっと上手くできるはず!」

 

「でも、緊張から前回と同じような失敗をしてしまうのではないか?」

 

このように後悔、怒り、希望、不安などの色々な感情入り混じります。

 

当然、このようなことを考える日々はキツイです。
心労は重なり、ストレスになります()´д`()

 

これから逃れたくて、離婚調停を取り下げたり、自信に不利な条件で合意していまう方もいるのです。

 

おそらく、あなたも多少なりともそんな心境になるでしょう。

 

でも、離婚調停はあくまで話合いによる合意です。

 

強制的に離婚を成立させられることはありませんよ。

 

あなたは結果や調停の流れが気に入らなければ、不成立にすればいいのです。

 

あくまで決めるのはあなたですので、そこまで思いつめる必要もないですよ。

 

色んなことを考え過ぎて、“がんじがらめ”になり動けなくなるぐらいなら、「なんとかなるさ」って気持ちで前に進みましょう。

 

私も当然に先ほどの例にあるような感情が渦巻いていました。

 

でもそれをかき消すかのように離婚調停の対策に没頭しましたよ。

 

「これだけ対策をしたのだから何とかなる!!」と言い聞かせて、次回の期日まで過ごしました。。

 

 

 

2回目以降の調停の流れ


2回目の期日は、初回の終わりの方で調整して決定しています。

 

ですので2回目以降は、呼出状は届きませんよ。

 

2回目以降の面接の流れに関しても初回と同様です。

 

簡単に流れを復習すると、「申立人入室⇒申立人面接⇒申立人退室⇒相手方入室⇒相手方面接⇒相手方退室」の流れを2往復します。

 

2回目以降の離婚調停は、前回の離婚調停で夫と妻の意見を踏まえて、争点を絞り、合意点を見出すことになります。

 

調停がスタートすると、まずは前回から約1ヶ月経過したが、心境の変化はあるかどうかを聞かれます。

 

また前回の調停終了時に、調停委員から次回の期日に各種書類の持参を指示される場合があります。

 

各種書類とは、養育費を取決めの際に参考にする為の源泉徴収票や、不動産の財産分与があれば、その不動産の登記簿謄本などです。

 

これらを総合考慮して、調停委員は両者の意見を調整し、アドバイスや、解決案を提示してきます。

 

簡単な例を挙げると次のようなやりとりです。

 

「奥さんは養育費を月に7万円希望されていました。でもご主人は、養育費は月に4万円なら支払うと言っておられます。」

 

「このように二人のお考えには開きがありますので、ここは間をとって、5万5千円としてはどうでしょうか?」

 

このような調停委員から提示された調整案を、受け入れるかどうかはあなた次第です。

 

調整案を拒否すれば、相手方の意見も踏まえ、調停委員は更なるアドバイスや調整案が提示されます。

 

調停委員から提示された調整案を受け入れるかどうかは、離婚後の生活を大きく左右するシビアな決断です。

 

そのような決断を、現在行われている調停中にするのは、なかなか難しいですよね

 

なので、今回はそこで止めて、次回に受け入れるかどうかを聞くこともあります。

 

このように「双方の意見が対立⇒調停委員が調整案を提示⇒双方または一方が調整案受け入れ拒否⇒更なる調整案提示」

 

上記の流れを繰り返し、お互い合意が出来れば調停離婚が成立します。

 

この合意に至るまでの離婚調停の回数はどれくらいかというと、およそ9割は5回以内です。

 

残り1割のは6回以上、なかには、10回以上の期日を重ねることもありますよ。

 

ですので、あなたも納得いくまで話し合えばいいのです。

 

でも、6回以上の回数を重ねるとしても、話合いが継続できる状態が必要です。

 

なので、あなたも相手も、お互いに問題を解決させようとする姿勢は大事ですよ。

 

あなたも自分の考えだけに固執せず、相手の意見で譲れる部分は譲ることです。

 

それがなければ、調停委員はこれ以上の調停をしても、解決が望めそうにないと判断し、早々に調停不成立となります。

 

 

調停を有利に進めるには?


離婚調停を上手く進めるには、相手と上手く駆け引きすることも確かに大切です。

 

ですが、何よりも大事なのは、立会人である調停委員を味方につけることです。

 

調停委員とあなたは、より良い関係を築かなければなりません。。

 

調停委員との対応を間違えれば、調停委員は相手の味方についてしまします。

 

それどころか、「あなたの主張していることはおかしいですよ!!」

 

なんて説教され、相手の言うことが全て正しいことにされてしまいますよ。

 

あなたも有利に離婚調停を進めたいなら、調停委員の対策は最重要課題です。

 

最後までご覧を頂きありがとうございました。

 

 

 

絶望的だった私の離婚調停が成功できた理由

あなたは離婚調停をするが、もしくは離婚調停中だが、

 

  • 勝つ為に何をすればいいか分からない
  • 慰謝料などを相手より有利な条件で別れたい
  • 調停委員を味方にする具体的な方法が知りたい
  • 自分に不利な流れなので何とかしたい
  • 離婚調停を失敗させたくない・・・など

     

    このような悩みや考えをお持ちでなはいでしょうか?

     

    私の離婚調停も不利な流れで進み、絶望しか描けず、どうしていいか分からず、途方に暮れていました。

     

    しかし、ある情報がきっかけで理想的な調停離婚をすることができました。

     

    もし、あなたが離婚調停のことで悩んでいるなら、私の経験談などは、あなたの悩みの解決に繋がるキッカケになるかもしれません。

     

    ↓詳しくは下のボタンよりご覧ください。

     

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索