離婚調停 児童扶養手当

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

調停前に児童扶養手当を確認し、離婚後、直ぐに受給できる段取りを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


離婚調停前に、是非チェックしておきたいのが、児童扶養手当です。

 

本来なら、夫に十分な養育費を支払ってもらいたいですよね。

 

でも、離婚調停で養育費を取り決める場合は、どうしても養育費算定表の額が参考にされるので、多くは望めません(――;)

 

また、婚姻中に働いてもパート程度の収入だった場合は、夫からの養育費を合わせても、生活はかなり苦しいです。

 

そんな苦しい経済状況を助けてくるのが、「児童扶養手当」です。

 

スポンサーリンク

 

児童扶養手当とは?


児童扶養手当とは、国の制度で、母子家庭または父子家庭に限り、18歳未満の子供を対象に支給されるものです。

 

支給額は、所得に応じて決まります。

 

残念ながら所得制限があるので、収入が多い場合、支給は受けられません。

 

なお、所得とされるのは給与だけではなく、父親から養育費を受取る場合は、その80%が所得に加算されてしまいます。

 

 

全部支給だと月に41,020円受取ることが出来る

支給月額は児童1人の場合、全部支給が41,020円、一部支給が41,010円~9,680円

 

児童二人場合は、先ほどの額プラス5,000円、3人目以降は、1人につき3,000加算です。

 

例えば、児童扶養手当が全額支給で、子供が3人いる場合の計算は次の通りです。

 

41,020円+5,000円+3,000=49,020円が合計額となります。

 

満額支給の場合は、月に41,000円(1人の場合)を受取れるので、非常に助かりますよね。

 

 

 

申請は調停離婚成立後スグに!!


でも、調停離婚が成立すれば、自動的に入ってくる訳ではありません。

 

調停離婚後にあなたとお子さんが住む、住所地を管轄する役場に申請手続きをしなければなりません。

 

ここで、超重要なポイントをお話しますね\(-o-)/

 

それは、調停離婚成立後にすぐ申請することです。

 

なぜなら、児童扶養手当は申請の翌月分から支給されるからです。

 


それに加え、児童扶養手当は遡って請求は出来ません。

 


どういうことかというと、調停離婚が成立してから、半年後に申請しても、半年前の月まで遡っては支給されないのです。

 

このことを前もって知っていたのですが、調停離婚が成立してから1カ月くらいは、何かと忙しかったので、忘れてしまっていました。

 

だから、1ヶ月分を貰い損ねました(>_<)

 

あなたは貰い損ねないように、いち早い申請を心がけて下さいね。

 

支給対象者の要件と必要書類


■母親(父親)の主な条件
①18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童を監護している。
②日本国内に住所を有している。
③公的年金を受給できない。

 

■子供の主な条件
①父母が婚姻を解消した児童
②父又は母が死亡した児童
③父又は母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
④父又は母の生死が明らかでない児童
⑤父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童
⑥父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
⑦未婚の母の子である

 

主な申請必要書類
①調停離婚成立後の戸籍謄本(1ヶ月以内)
②調停離婚成立後の世帯全員の住民票
③申請者名義の預金通帳
④所得証明書
⑤年金手帳
⑥保険証

 

※あくまで一般的な書類ですので、必ず役所に確認してください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

慰謝料と財産分与を多く受取るための対策を


あなたの理想は、やはり児童扶養手当の支給を受けつつ、離婚調停で相手から、養育費や慰謝料などを、きちんと受け取ることです。

 

でも、養育費は算定表通りの額になってしまいがちです。

 

ですので、養育費以外の慰謝料や財産分与を、なるべく多く受け取れるように対策しましょうね。

 

最後までご覧を頂きありがとうございました。

 

 

 

離婚調停に強い弁護士を無料で見つける方法

仕事または家事育児に追われ、離婚調停の対策を取る時間が取れない。

 

そこであなたは弁護士を通して、離婚調停を申し立てようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 離婚調停に強い弁護士に相談したい
  • 早期解決を目指したい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 女性が担当してほしい・・・などなど

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚調停に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジ色のボタンをクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他   0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方