離婚調停 相手が来ない

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

相手が離婚調停に来ない場合、あなたが取るべき行動とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


離婚調停を申し立てたのに、相手が期日に出てこない!!

 

調停をするにあたり、いろいろと準備や作戦を立ててきた、あなたの苦労も台無しです。

 

今回は、この様な場合はどうすればいいのか?を取り上げます。

 

 

相手が来ないケースは大きく2つに分かれる


一つ目は当日やむを得ない理由があり、調停に行くことが出来ないというケースです。

 

例えば、仕事で重要な会議が入っていて、調停に行くことが出来ない場合が考えられます。

 

呼出状に書かれている調停の期日は、家庭裁判所が一方的に指定をしてきます。

 

ですので、指定された日は仕事を休むことが出来ずに、調停を欠席をしてしまった。

 

その他の例では、急病で体調が悪くなり、調停を欠席してしまった。

 

この様なやむを得ない場合は、次回相手は、調停に来ることが期待出来ますので、今回は仕方が無いと諦め?ましょう。

 

「出頭勧告」を出してもらう

相手が来ないケースの二つ目ですが、こっちはやっかいです。

 

 

例えば、呼出を受けた相手方が「調停申し立ては不当だから応じる気がない」などの理由をつけ、調停出頭を拒否している場合です。

 

このような場合はどうしたらいいでしょう。

 

まずは、家庭裁判所から相手側へ「出頭勧告」を出してもらうようにお願いをします。

 

出頭勧告とはその名の通り、調停に出頭する義務があるから出頭をしなさいという内容を相手に伝え、出頭を促します。

 

伝える方法としては、文章郵送や電話で伝えることが多いようです。
ある程度はこれで出頭するようです。

 

また別の方法では、家庭裁判所調査官が出向いて行って、不出頭の事情その他の事実を調べ、出頭を勧告します。

 

一応このような制度もあるようですが、裁判所も忙しいのか、この対応はなかなかやってくれないようです。

 

ですが、この方法の効果は大きいようで、絶対に行かないと言ってた者も、出頭する例も多いようです。

 

 

ダメ元でお願いしてみよう

だったら、裁判所もこの方法を積極的に活用してほしいですよね。

 

でも文章郵送等と比べ、手間も時間も取られますので、この方法を取れるのは限界があるということでしょうか?

 

でも、あなたは相手に来てもらわなければ、話が全然進みませんので、困ります。

 


ですので、相手が来ない場合は、遠慮せず、調査官が出向く方法で勧告してもらえないか、お願いをしましょう。

 

それで対応してもらえればラッキーです。

 

 

お願いしないことには何も始まりません。

 

以上の様な方法で出頭勧告しても、相手が正当な理由もなく、出頭拒否する場合は、5万円以下の過料の制裁があるようです。

 

が・・・これもほとんどされていないようです。

 

 

これも駄目元でお願いしましょう。

 

 

 

あなたの方でも出頭を促す


裁判所で出頭を促してもらう方法の他、あなたの方でも相手へ出頭を促しましょう。

 

相手は離婚調停がどのような場を知らないで、裁判みたいな感じになると思っているかもしれません。

 

その場合は、離婚調停は調停委員会を挟んでの話し合いに過ぎないことを丁寧に説明し、相手の不安を取り除いてあげるのです。

 

そうすることで、相手は出頭する可能性が出てきます。

 

また、調停は裁判と同じという、相手の思い違いを利用する方法もあります。

 

「欠席しても構わないけど、あなたが不利になる一方ですよ」などと揺さぶりを掛けるのです

 

相手は行かないと不利になってしまう心理が出てくるでしょう。

 

その他には、どうしても本人が出頭を促すと、相手もムキになり、来ないと言い張ります。

 

ですので、知人などの第3者に出頭を促してもらうのもいいかもしれません。

 

以上の方法を試してみたが、それでも相手が調停に来ない場合は、

 

 

調停を取り下げるか、調停不成立で調停を終わらせる他ありません。

 

その場合は、離婚裁判を起こすか、もう一度、夫婦で離婚協議を試みる。

 

または、時間をおいて再度離婚調停を申し立てることになります。

 

なお、離婚調停の再申し立ての詳細記事は「離婚調停不成立、調停は1度だけ?もう裁判しかない?」をご覧ください。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

絶望的だった私の離婚調停が成功できた理由

あなたは離婚調停をするが、もしくは離婚調停中だが、

 

  • 勝つ為に何をすればいいか分からない
  • 慰謝料などを相手より有利な条件で別れたい
  • 調停委員を味方にする具体的な方法が知りたい
  • 自分に不利な流れなので何とかしたい
  • 離婚調停を失敗させたくない・・・など

     

    このような悩みや考えをお持ちでなはいでしょうか?

     

    私の離婚調停も不利な流れで進み、絶望しか描けず、どうしていいか分からず、途方に暮れていました。

     

    しかし、ある情報がきっかけで理想的な調停離婚をすることができました。

     

    もし、あなたが離婚調停のことで悩んでいるなら、私の経験談などは、あなたの悩みの解決に繋がるキッカケになるかもしれません。

     

    ↓詳しくは下のボタンよりご覧ください。

     

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • その他   0

    コメントフォーム

    名前

     

    メールアドレス

     

    URL

     

     

    コメント

    管理人紹介
    管理人紹介
    管理人:まいみらい
    調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
    カテゴリー
    最近の投稿
    タグクラウド
    不倫した側から離婚調停 中立性・公平性に欠ける調停委員 円満調停の注意点 円満調停の申し立て方法 円満調停の進め方 別居中の生活費 家庭裁判所で離婚問題を解決 弁護士に依頼すれば有利に進めることが出来るのか? 慰謝料を調停で求めるメリットとは? 調停で弁護士を雇えば慰謝料はたくさん受取れる? 調停で慰謝料を多く獲得する方法 調停委員から離婚調停についての説明 調停委員の役割 調停委員の特性 調停離婚とは 調停離婚の手続き 離婚の調停委員とは 離婚の調停委員を味方にする方法 離婚調停 財産分与 パート 離婚調停での弁護士の役割 離婚調停での弁護士費用の平均額 離婚調停での養育費の取り決め方の流れ 離婚調停で慰謝料を請求する方法 離婚調停で話し合える内容 離婚調停のアクセサリー 離婚調停の事情説明書 離婚調停の付属書類 離婚調停の取り下げ方法 離婚調停の呼出状 離婚調停の弁護士の見つけ方 離婚調停の待合室 離婚調停の方が慰謝料は多く貰える? 離婚調停の申し立ての添付書類 離婚調停の申し立ての趣旨 離婚調停の申立書の書き方 離婚調停の申立書の注意点 離婚調停の要点 離婚調停の身なり 離婚調停の進行に関する照会回答書 離婚調停の髪形 離婚調停はひとりでもできる? 離婚調停は離婚後いつまでできる? 離婚調停中の生活費 離婚調停必勝法 養育費を離婚調停で決める際に知っておきたいこと
    ブログ内検索
    協議離婚の対策をお考えの方
    不倫相手に慰謝料請求をお考えの方