いきなり離婚調停

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

いきなり離婚調停を起こすリスク


夫婦で離婚協議を行い、お互い離婚条件などに合意が出来なければ、離婚調停を申し立てるのが通常です。

 

ですが、離婚協議をせずに、いきなり離婚調停を申し立てることも可能です。

 

 

  • 顔を合わせれば夫から暴力を奮われる。
  • とんでもない暴言を吐かれる。
  • 愛人の許で暮らしているので離婚協議が出来ない・・・など

 

このような夫婦関係であれば、離婚協議を行うのは困難ですね。

 

ですので、いきなり離婚調停を申し立てることもアリです。

 

ですが、このような理由もなく、いきなり離婚調停を申し立てるのはリスクが大きいです。

 

 

相手に何も知らせず調停を起こす2つのリスクとは

また別の機会で話しますが、離婚調停は時間がかかります。

 

もしかすると離婚協議した方が早く問題解決するかもしれません。

 

それに、何も前触れなく離婚調停を申し立てれば、相手はどう思います?

 

「離婚調停をする意味が分からない?」

 

「最初は話合いするのが普通だろ!」

 

「こっちの都合も考えずに調停なんてルール違反だ」

 

こんな感じで相手は憤るのが普通です。

 

相手を怒らせても調停の場では何の得にもなりません。

 

それに「離婚協議もせず、いきなり調停を申し立てられた」

 

「妻は自分勝手な奴だ!」と調停委員に主張されてしまいます。

 

それを聞いた調停委員は、申立人に悪い印象を持つかもしれません。

 

悪い印象を持たれると、調停委員は相手側の肩を持つ恐れが・・・。

 

そのようなマイナス要素は何としても避けなければなりません。

 

 

まずは夫婦で離婚協議をする

また、相手が調停に来なくなる可能性が高まります。

 

なぜなら、次のような心境が生まれるからです。

 

「こっちの了承もなく勝手に申し立てたから行く必要はない」

 

こうなれば調停は不成立になるので、離婚成立は当分無理でしょう。

 

私も二人だけの話合いだと、夫に言いくるめられる気がしたので、最初から離婚調停を申し立てようと思っていました。

 

ですが、当時相談していた離婚の専門家に上記のような理由で止められました。

 

もし、いきなり申し立てをしていたなら、相手から攻撃のネタになっていたと思うので、幸いでした。

 

まずは夫婦で離婚協議をする。

 

話し合った結果、平行線をだとり、問題が解決しないなら離婚調停を申し立てる。

 

この流れが基本かなと思います。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

 

絶望的だった私の離婚調停が成功できた理由

あなたは離婚調停をするが、もしくは離婚調停中だが、

 

  • 勝つ為に何をすればいいか分からない
  • 慰謝料などを相手より有利な条件で別れたい
  • 調停委員を味方にする具体的な方法が知りたい
  • 自分に不利な流れなので何とかしたい
  • 離婚調停を失敗させたくない・・・など

     

    このような悩みや考えをお持ちでなはいでしょうか?

     

    私の離婚調停も不利な流れで進み、絶望しか描けず、どうしていいか分からず、途方に暮れていました。

     

    しかし、ある情報がきっかけで理想的な調停離婚をすることができました。

     

    もし、あなたが離婚調停のことで悩んでいるなら、私の経験談などは、あなたの悩みの解決に繋がるキッカケになるかもしれません。

     

    ↓詳しくは下のボタンよりご覧ください。

     

 

 

 

スポンサーリンク

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索