離婚調停 面会交流 約束

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

面会交流の約束を守ってもらう為、調停で絶対やるべきこと


離婚は多かれ少なかれ遺恨があります・・・

 

 

友好的に離婚するケースなんて稀だと思います。

 

ですので、子供と一緒に暮らす側は、別れた相手の顔なんて見たくないと感情的になっています。

 

当然、子供とも会わせたくないとも考えています。

 

反対に、子供と離れて暮らす親とすれば、一緒に暮らせない。
でも、できるだけ子供と会って親子との関係を深めたい。

 

このように子供に会わせる側と会う側では、考えが正反対であることも多いです(――;)

 

ところで、面会交流は子供と離れて暮らす親の権利ですよね。

 

ですので、離婚調停の場では、面会を求める親に問題が無い限り、調停委員は、面会交流の場を設けるように相手を説得します。

 

面会をさせる側は、調停委員に言われ、“仕方なし”に子供を会わせることに合意します。

 

その約束は調停調書に記載されます。

 

 

面会交流の約束が一番守られていない理由


しかし、現実は監護親が子供の体調が悪いとか、急用が入ったから無理だとか、あーだ、こーだと言い訳をしては面会を断ります。

 

言い訳をしてくるならマシかもしれません。

 

ひどいケースだと、会わせる気はサラサラないのに、調停で合意させたいが為に、嘘で面会させることに了承する人もいます。

 

当然、面会を求めても無視されます。

 

また、最初の数回こそ会わせたが、徐々に会わせなくさせるパターンも多いです。

 

挙句の果てには、子供に「お父さんはもう会いたくないから会えないの」などと嘘や悪口を吹き込み、子供に嫌悪感をわざと植え付けるケースもあります。

 

このことについては、「離婚調停で、面会交流を確保する為に知っておくべきこと」の中段記事にて詳しく取り上げています。

 

実際、調停で決められた約束で、一番守られていないのが、面会交流なんです。

 

 

調停調書で記載した、養育費などお金に関する約束を破った場合は、強制執行で相手の財産から、お金を回収することができます。

 

でも、面会交流は約束を破っても、相手側にいる子供を、裁判所の人間がむりやり連れてくることは出来ないのです。

 

知らない人から、いきなり連れだされるので、誘拐されるようなものです。

 

そのようなことをすれば、子供の精神的ショックは大きすぎます。

 

ですので、強制執行で直接子供を連れ出してもらう方法は、裁判所は認めないのです。

 

 

履行勧告で面会を求める


でも他の方法はあります。

 

まずは、面会交流の取決めを調停調書や審判書に記載した場合、「履行勧告」の制度が使えます。

 

履行勧告とは、相手が正当な理由もなく、面会させない場合、家庭裁判所が相手側に「子供に会わせなさい!」と勧告してくれます。

 

裁判所から言われるので、プレッシャーがかかります。
ですので、ある一定の効果はあります。

 

ただ、履行勧告には強制力がありません。
相手が応じなければそれまでです。

 

履行勧告にも全く無視するような相手は、現在の日本の法律では面会交流を実現させることは困難だと分かっているのです。

 

面会交流を求める側とすれば、許しがたい相手ですよね。

 

だって、面会交流させると調停の場で約束しときながら、面会を守らなくても大丈夫だと知っている。

 

「これって詐欺じゃないか!!」
このような気持ちになって当然です。

 

 

間接強制は認められにくい


履行勧告にも応じない場合は、最後の手段として、調停調書による「間接強制」の申し立てをします。

 

間接強制とは、調停や審判で取り決めた面会交流を守らない場合、裁判所が金銭の支払いを義務者に命じることです。

 

詳しくは、「1回会わせないことにつき、○万円を払いなさい」という形を取ります。

 

このように、義務者は子供を会わせないと、毎回○万円払わないといけないので、会わせないと仕方ありません。

 

ちなみに実際に払わされる金額としては、1回当たり4万円前後が多いようです。

 

間接強制のことを知ったあなたは、実際に申し立てようと、当然思われたでしょう。

 

しかし、間接強制の申し立ては、なかなか認められにくいのです

 

間接強制が認められるのは、かなり具体的に面会交流の回数や、日時、場所などを決めておくことが大切です。

 

まずは、認められなかった例を見てみしょう。

 

 

認められなかった例

○面会交流の回数
1ヶ月に2回

 

○面会交流の日程
土曜日または日曜日

 

○面会交流の時間
1回につき6時間

 

具体的じゃないかと思われた方もいたかもしれません。
でも、この程度では駄目なんですよね・・・

 

次に認められた例を見てみます。

 

 

認められた例

○面会交流の回数
1ヶ月に1回

 

○面会交流の日程
毎月第2土曜日

 

○面会交流の時間
午前10時から午後4時まで

 

○面会交流の時間場所
長女の福祉を考慮し、父の自宅以外の父が定めた場所

 

○面会交流の方法
母は面会交流開始時に、受け渡し場所において長女を相手方に引き渡し、相手方は、面会交流終了時に、受け渡し場所において長女を抗告人に引き渡す。

 

○面会が出来ない場合
長女の病気などやむを得ない事情により、上記の日程で面会交流を実施できない場合は、父と母は、長女の福祉を考慮して代替日を決める

 

○その他
母は、父が長女の入学式、卒業式、運動会等の学校行事(父兄参観日を除く。)に参列することを妨げてはならない

 

認められなかった例と比べ、かなり具体的ですね。

 

でも、違う案件では、これと同程度の記載内容の調停調書でも認められなかったこともあります。

 

ですので、この程度の具体性では完全には安心できません。

 

間接強制が認められる調停調書を作成するには


完全に安心する為には、これ以上の具体的な調停調書を作成する必要があります。

 

しかし、調停調書は自分自身では作れません。

 

調停調書は、調停委員が、当事者が合意した面会交流の内容をまとめて、それを裁判官に伝えて裁判官が作成します。

 

なので、調停委員に面会交流の内容をこと細かく説明する必要があります。

 

そして、その内容を相手に伝えてもらい、相手の了承を取ってもらわなければなりません。

 

基本的に調停委員は多くの案件を抱えていますので、時間をかけてられないという思いがあります。

 

ですので、面会内容をこと細かく取り決めようとすることを嫌います。

 

「そんな細かいことまで無理ですよ」
「相手は約束すると言ってから、信じましょうよ」

 

調停委員は調停調書で取り決めても、守られていないことを知っているのに、こんなことを平気で言います。

 

 

調停委員を納得させる為には?

あなたは相手が面会交流を守られない可能性が高いと思うのなら、絶対にこと細かく入れる要望をしなければなりません。

 

そこで引けば子供に会えなくなる可能性が高いのです。

 

もちろん、その為には調停委員を納得させなければなりません。

 

当然ながら、どういう面会内容を求めるかを口頭で説明しても駄目です。

 

書面に分かりやすくまとめる最低限これだけは絶対です。

 

間接強制を見通した内容にするには、どうすればいいか?

 

その部分に関しては、弁護士に相談してもいいと思います。

 

また、調停委員を納得させ、味方につける為にはどうすべきか?

 

このことを、あなたは対策を打たないと、こと細かな面会内容を載せた調停調書の作成は難しいと思います。

 

相手が子供を絶対に会わせそうにない。

 

このような状況を抱えている方は、たくさんおられると思います。

 

厳しいでしょうが、お子さまと会う為にも頑張って下さい。

 

離婚後、無事お子さまと定期的に会えることを願っています.

 

長文でしたが、最後までご覧を頂きありがとうございました。

 

 

 

離婚調停に強い弁護士を無料で見つける方法

仕事または家事育児に追われ、離婚調停の対策を取る時間が取れない。

 

そこであなたは弁護士を通して、離婚調停を申し立てようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 面会交流は絶対に確保したい
  • 離婚調停に強い弁護士に相談したい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 調停委員を味方にする具体的な方法が知りたい・・・など

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚調停に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジ色のボタンをクリックしてご覧ください。↓

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方