離婚調停 住所知られたくない

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

離婚調停で夫に住所を知られない方法


夫から日常的に暴力を受けている。

 

そんな日々から逃げ出す為に、ある日夫に何も言わず、住所も隠したまま別居を開始。

 

このような方も多いと思います。

 

しかし、別居状況をいつまでも続けることは出来ません。

 

当然ながら、DV夫との元通りに生活するのはありえない。

 

このような場合、離婚調停を申し立て、離婚を求めることになります。

 

 

離婚調停を申し立てると相手に住所が知られてしまう・・・


しかし、離婚調停を申し立てると、DV夫に現住所が知られてしまいます。

 

なぜなら、離婚調停を申し立てる際には、申立書に申立人の住所を記載する必要があります。

 

そして、その申立書のコピーが、DV夫のところにも送られますので、妻の住所が分かってしまうのです。

 

住所が知られてしまうと、夫は暴力を奮いに妻の住所に押し掛け、暴力を奮う可能性が高いです・・・

 

しかも、妻が黙って家を出たことや、離婚調停を申し立てたことで、DV夫は怒り狂っていますので、暴力はいつもに増して奮います。

 

そうなれば、身の危険を感じずにはいられませんので、離婚調停の申し立てが出来ないと、お悩みの方もいるでしょう。

 

 

相手に住所を知られず申し立てる方法


この様な場合は、相手に妻の現住所を知られないように、手続をすることもできます。

 

具体的には、申立人の住所を別居前の夫婦の共通の住所を記載し、現住所は記載しないようにします。

 

家庭裁判所には、こうした事情を説明します。

 

加えて、申立人の現住所が知られないようにお願いするために、「上申書」を申立書と一緒に提出しておきます。

 

そうすることで、裁判官の判断になりますが、夫に妻の現住所を知られないで、調停を進めることが可能です。

 

上申書を書くときのポイントですが、現住所が知られると夫から暴力を奮われることを裏付ける事実があれば、説得力が増します。

 

例えば、夫から暴力を受けて病院で治療を受けた際の診断書や、身体に出来たアザの写真などです。

 

ちなみにこれらは夫に慰謝料を請求する際の証拠にもなります。

 

このように裏付けの証拠などがあれば、大方、夫に妻の現住所を知られずに調停が出来るでしょう。

 

しかし、もしかすると認められないこともあるかもしれません。

 

一番確実なのは、DVの保護命令を受けていることです。

 

そうすれば、確実に妻の住所を秘密にしてくれます。

 

DV保護命令を得ていないのであれば、得てから申し立てるのもいいのですが、手続が複雑ですし、ある程度の時間も必要です。

 

ですので、一度申立先である相手方の住所地の家庭裁判所に、ご自身のケースは住所を秘密にできるかを相談し、判断されるのもいいかと思います。

 

最後までご覧を頂きありがとうございました。

 

 

 

離婚調停に強い弁護士を無料で見つける方法

離婚を何よりも先に成立させたくて、離婚条件に関する取り決めをしなかった。

 

そこであなたは弁護士を通して、離婚条件を取り決める為の調停を申し立てようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 調停に強い弁護士に相談したい
  • 慰謝料が得意な弁護士に相談したい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 財産分与は絶対確保したい・・・などなど

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚調停に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジ色のボタンをクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

その他   0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索