離婚調停 不成立

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

離婚調停不成立、調停は1度だけ?もう裁判しかない?


こんには、まいみらいです。

 

離婚調停が不成立になった場合はどうなるの?

 

もう離婚を諦めるか、離婚訴訟しかない?

 

再び離婚調停を申し立てることは可能?

 

ということで今回は、離婚調停の不成立をテーマとして取り上げます。

 

内容としては、不成立になるのはどんな場合か?、不成立になった後の選択肢についてお伝えします。

 

 

調停が不成立になる場合とは


長い時間を掛けて、離婚調停の期日を重ねてきたが、全く合意ができそうにない。

 

そこで調停委員会が、これ以上は期日を重ねても時間ばかりが取られて意味がない。

 

このように判断されると調停不成立となります。

 

他には、相手方が全く調停に来ない場合も不成立となります。

 

調停不成立と判断されると離婚調停は強制的に終了です。

 

「こっちの都合も考えずに、一方的に不成立にするなんて許せない」

 

このように思っても、この判断に「不服申し立て」はできません。

 

調停委員会も時間を掛けて調停を重ねてきただから、不成立よりもできるだけ成立させたいと、考えています。。

 

それなのに不成立にするということは「お手上げ状態」ということですね。

 

 

こちら側から離婚調停を終わらせる方法

こちらから離婚調停を不成立させる方法もあります。

 

それは「取下書」を提出することです。

 

この取下書は申立人が一方的に出すことができます。

 

提出に相手方や調停委員会の同意は必要ありません。

 

また、理由も必要ありません。

 

 
調停委員の私への偏見が強くて夫の肩ばっかり持つから、これ以上、この調停委員ではやってられない!

 

自分に落ち度がないのに、他の要因で明らかに不利になっている。

 

このようなケースで提出することが考えられます。

 

 

不成立になっても再度調停ができる


調停が不成立になったからといって、自動的に裁判になることはありません。

 

裁判を起こすかどうかは、あくまで本人の判断です。

 

もし、自動的に裁判になれば、裁判まで起こそうと考えてない人は困りますよね。

 

裁判となればたくさんの費用が掛かります。

 

裁判費用を捻出することが難しい人は借金をしなければなりません。

 

また、不倫の慰謝料を請求しているけど、確たる証拠がないので、裁判になったら不倫事実を認めてもらえないので慰謝料をもらえない・・・など

 

このように人それぞれ事情が違いますので、離婚裁判を起こすかどうかは本人判断ということになります。

 

 

離婚調停は何度でもできる

でも離婚協議はできない…。

 

離婚調停は不成立…。

 

となれば、「離婚するなら、やっぱり離婚裁判しかないじゃない!?」と思うかもしれませんよね。

 

でも、そんなことはないんです。

 

もう一度、離婚協議を試みて合意ができるのであれば、協議離婚はできます。

 

何も離婚調停が不成立になれば、協議離婚はできないなんて法律はないのですから。

 

また、調停が不成立なっても、再び申し立てすることは可能。

 

つまり、離婚調停は一度だけのチャンスということではないのです。

 

 

 

調停不成立後にすぐに申し立てしてもいい?


では、二度目はいつ申し立てができるか?という疑問が出てくると思います。

 

これには制限はありません。

 

調停が不成立後、直ぐにでもいいし、10年後でもいいのです。

 

でも、調停が不成立後、直ぐにというのは現実的ではありません。

 

調停が不成立後、数日で状況や相手の考えが変わる。

 

このようなことはゼロではないとは思いますが、”限りなく無い”に近いですよね。

 

そんな状況で再度申し立てても、やっぱり調停不成立でしょう。

 

加えて、家庭裁判所も暇じゃありません。

 

年々の離婚件数増加に伴い、多数の案件を抱えています。

 

そんな状況なのに、つい最近調停不成立になった者が、日も空けずに再び申し立ててきた。

 

これマズイですよね・・・

 

口には出さないでしょうけど「忙しいのに勘弁してよ」と思われますよね。

 

当然ながら調停委員会の印象も悪いでしょう。

 

よって、調停委員がこちらの味方になることは普通に考えられず、上手く行くはずがありません。

 

ですので、離婚調停の不成立後、直ぐに申し立てる。

 

これはやめておくべきです。

 

 

二度目の調停はいつ申し立てる?


それじゃ、どれくらいの期間を空けないといけないか?

 

やっぱり、状況や相手の考えが変わったときでしょう。

 

いつまでも状況や相手の考えが変わらないことは、ほとんど無いかと思います。

 

なぜなら、「いつまでも問題が解決しなくてもいい」とは、相手も思っていないからです。

 

大方は、できるなら早く問題を解決したいと思っているはず。

 

ですので、いつかは状況や相手の考えは変わります。

 

そのときに申し立てればいいのです。

 

とは言っても、相手の方から状況や考えが変わったから離婚調停をもう一度しよう。

 

このように相手自ら提案してくるかは分かりません。

 

あなたが申し立てるのを待っている可能性もあります。

 

そうであれば、あなたから離婚調停を再度申し立てないと、ずっと離婚できない状態が続くということ。

 

 

不成立にならない為の検討も必要

ですので、そのリスクを避けるためにも、ある程度期間が経てば、あなたから再び離婚調停を申し立てる必要があります。

 

それではある程度の期間とは、どれくらい経てばいいのか?

 

やはり数カ月では、物事が大きく変化する可能性は低いです。

 

またあなたも、前回の離婚調停がなぜ不成立になったかの検討が必要。

 

それにプラスして、今度は上手く行くように戦略を立てなければなりません。

 

これらを考慮すると、調停不成立後から1年くらいは空けるのが無難です。

 

 

それでは最後までご覧を頂き、ありがとうございました。

 

まいみらいがお伝えしました。(私の調停離婚した経緯などを載せたプロフィールはこちら

 

 

 

絶望的だった私の離婚調停が成功できた理由

あなたは離婚調停をするが、もしくは離婚調停中だが、

 

  • 勝つ為に何をすればいいか分からない
  • 慰謝料などを相手より有利な条件で別れたい
  • 調停委員を味方にする具体的な方法が知りたい
  • 自分に不利な流れなので何とかしたい
  • 離婚調停を失敗させたくない・・・など

     

    このような悩みや考えをお持ちでなはいでしょうか?

     

    私の離婚調停も不利な流れで進み、絶望しか描けず、どうしていいか分からず、途方に暮れていました。

     

    しかし、ある情報がきっかけで理想的な調停離婚をすることができました。

     

    もし、あなたが離婚調停のことで悩んでいるなら、私の経験談などは、あなたの悩みの解決に繋がるキッカケになるかもしれません。

     

    ↓詳しくは下のボタンよりご覧ください。

     

 

 

 

 

離婚調停を対策!厳選記事


離婚調停を成功させる為に、特に押さえておきたい記事をまとめました。

 

下のリンク↓からご覧ください。

 

離婚調停対策の厳選記事

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索