離婚調停

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

離婚調停中のあなたが有利な結果を得られる為に知っておくべきこと


離婚調停中であるが、自分の言動に問題がないか、または自分の不利な流れとなる様なことをしていないか気になるかと思います。

 

そこで今回は、離婚調停中のあなたが有利な結果を得られる為に、知っておくべきことを中心に取り上げています。

 

特に1回目の調停が終わった段階の方は、この記事に関することは重要かつ実践的ですので、ぜひご覧ください。

続きを読む

離婚調停を行う場所は必ず自宅近くになると思っていませんか?


離婚調停をしようと考えているが、その場所をどこで行われるのかは非常に気になることの一つでしょう。

 

ということで、今回は離婚調停が行われる場所を、主に取り上げたいと思います。

 

その他には、離婚調停が行われる場所の変更が可能かどうかや、調停が行われる時間帯などについてもお伝えしたいと思います。

 

夫婦が別居していて、お互いが遠くに暮らしている場合は、調停が行われる場所については大きな影響が出ますので必ず確認下さい。

続きを読む

離婚を家庭裁判所で考えている方が必ず知っとくべきこと


離婚協議をしたが相手と折り合わない、夫が不倫相手の許で暮らしているため離婚協議ができない・・・など

 

このような場合「家庭裁判所を通じて離婚をしたい」という考えを持たれるのではないでしょうか。

 

今回は家庭裁判所を通じての離婚の方法、つまり離婚調停と離婚裁判について取り上げたいと思います。

 

家庭裁判所を通じて離婚をしたいと思っても、離婚調停や離婚裁判のことをまずは知らなければいけません。

 

離婚調停と離婚裁判で必ず押さえておくべき事項を取り上げていますので、家庭裁判所で離婚を考えている方は是非参考にしてくださいね。

 

 

続きを読む

離婚調停の取下げを考えた時に押さえておくべき5つのポイント


離婚調停を申し立てたが、自分に不利な流れで進んでしまっている・・・

 

このまま続けても自分が望む結果にはならないので、もはや調停を終わらせて裁判で決着をつけたい。

 

だけど、調停を早く終わらすにはどうすればいいか分からない。

 

このように悩んでいる方もおらるのではないでしょうか?

 

今回はその方法である、離婚調停の取下げについて取り上げますね。

 

また、これに関連した次の様なポイントなども書いていきます。

 

  • 取下げと不成立の違い
  • 取下げをしても離婚訴訟に進むことはできる?
  • 一旦取下げたら、あとは裁判しかない?

 

取下げをお考えの方はこの記事を参考にして下さいね。

 

続きを読む

婚姻費用の分担請求調停は別居中の生活費を確保する有効な手段です


離婚を前提に、または夫婦仲を見直す為、若しくはDVなどから逃れる為に、夫婦が別居する場合があります。

 

しかし、専業主婦などで収入が無い方は、生活費を夫から貰わないと生活に困る事態となってしまいます。

 

ということで、今回は別居中の婚姻費用(生活費)を確保する方法について取り上げたいと思います。

 

話合いで婚姻費用について取決めが出来ればいいのですが、夫婦が別居するほど夫婦仲が悪い状態だと、なかなか相手は応じません。

 

ですので、主に調停で婚姻費用を請求する方法について書きます。

 

詳しい内容はすぐ下にある目次をご覧ください。

 

別居・同居関係なく婚姻費用を受取れていない方は、今回の記事を参考にして、婚姻費用を確保して頂ければ思います。

 

※2014年12月9日に公開した記事ですが、追記、一部修正して2017年11月11日に再公開しました。

 

 

続きを読む

調停前に児童扶養手当を確認し、離婚後、直ぐに受給できる段取りを!


離婚調停前に、是非チェックしておきたいのが、児童扶養手当です。

 

本来なら、夫に十分な養育費を支払ってもらいたいですよね。

 

でも、離婚調停で養育費を取り決める場合は、どうしても養育費算定表の額が参考にされるので、多くは望めません(――;)

 

また、婚姻中に働いてもパート程度の収入だった場合は、夫からの養育費を合わせても、生活はかなり苦しいです。

 

そんな苦しい経済状況を助けてくるのが、「児童扶養手当」です。

 

続きを読む

有責配偶者から調停を申し立てても、離婚の決定権はあなたにあります


有責配偶者とは、夫婦関係を破綻させてしまったことに、責任がある者のことをいいます。

 

有責配偶者の例として挙げられるのが、不貞行為(不倫)、暴力、悪意の遺棄(生活費を払わない)などです。

 

そんな有責配偶者からの、離婚を求める内容の離婚調停の申し立ては認められるのでしょうか?

 

答えは認められます。

 

離婚調停だけではなく、離婚訴訟を提起することも出来るんです。

 

でも、有責配偶者ではない、もう一方の配偶者は納得いかないですよね?

 

「不倫した揚句、そっちから別れてくれなんて、そんなことがまかり通ると思っているの?」

 

この答えは「通りません」となります。

 

確かに離婚調停を申し立てること自体は可能です。

 

しかし、離婚調停では、お互いが離婚に同意することが成立条件なので、離婚したくなければ、離婚しないと言えばOKです。

 

調停委員に「何を言われようと、離婚をする気は一切ありません」と言って、調停不成立にさせましょう。

 

続きを読む

離婚調停で相手と絶対に会いたくない方へのアドバイス


離婚調停を申し立てるということは、もはや夫婦での話合いでは、にっちもさっちもいかない状態です。

 

当然、夫婦関係は更にこじれていて最悪です。

 

ですので、「もう、相手の顔は絶対に見たくない!」
この様に感じている方も多いのですよね?

 

「でも、離婚調停をするのだから、嫌でも夫と顔を合わせないと仕方ないのかな~」と思われるでしょう。

 

大丈夫です。離婚調停は、基本的に夫婦が一緒になることはありませんよ。

 

なぜ一緒にならないのかを、場面ごとに詳しく書いてきますね。

 

また、”基本的”にはなので、一部は夫婦が一緒にならなければなりません。

 

その場合もどうすればいいのかも取り上げたいと思います。

 

続きを読む

離婚調停の管轄~どの裁判所で調停はできるの?~


「離婚調停を申し立てたいけど、どこの裁判所で受付けているの?」と思われる方は多いかと思います。

 

今回は、離婚調停の裁判所の管轄について取り上げたいと思います。

 

続きを読む

離婚調停で夫に住所を知られない方法


夫から日常的に暴力を受けている。

 

そんな日々から逃げ出す為に、ある日夫に何も言わず、住所も隠したまま別居を開始。

 

このような方も多いと思います。

 

しかし、別居状況をいつまでも続けることは出来ません。

 

当然ながら、DV夫との元通りに生活するのはありえない。

 

このような場合、離婚調停を申し立て、離婚を求めることになります。

 

続きを読む

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
協議離婚の対策をお考えの方
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方
ブログ内検索