離婚後に調停

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

離婚後に調停をしよう考えている方が必ず知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


調停と言えば、離婚をしたいときや、離婚条件面に双方が合意できない場合などに利用するものというイメージが強いと思います。

 

しかし、調停の制度は離婚する前だけではなく、離婚をした後でも利用することができます。

 

ということで、今回は離婚後に調停について取り上げたいと思います。

 

離婚をすることは出来たが、養育費や慰謝料などで元夫婦の間に解決出来ていない問題がある方は参考にしてください。

 

離婚後いつまでなら調停が出来るのか


離婚時に相手方が養育費や財産分与などの話し合いに応じない、または合意が出来ない。

 

でも、子供の学校等問題で離婚を成立させる必要があり、やむをえず、何も決めずに離婚したという方もいるかと思います。

 

とりあえず離婚は成立させたが、養育費や財産分与などは、離婚後の生活に影響してくるものなので、きっちり取り決めをしたい。

 

とはいえ、お金面などのシビアなことを、離婚した相手と直接話し合いをするのは、かなり精神的に苦痛です

 

そこで、相手と直接顔を合わせずにすむ、調停の制度を利用したいと考える方も多いでしょう。

 

調停を考えている方は、離婚後いつまでなら調停を利用できるか気になるところだと思います。

 

基本的には、調停するのに、離婚後~ヵ月以内といった決まりはありません。

 

ただし、調停で相手に離婚慰謝料や財産分与、年金分割を請求するなら、時効に注意しないといけません。

 

 

離婚の慰謝料を求める場合

離婚慰謝料は法的な性質としては不法行為による損害賠償請求に当たります。

 

ですので、時効は3年間と民法で規定されています。

 

この3年間の起算点は、離婚が成立した日になります。

 

離婚の成立日から3年の期間が過ぎてしまうと、それ以上は、慰謝料請求をすることが出来ません。

 

離婚の慰謝料を求めるなら、離婚後3年以内に調停の申し立てをしましょう

 

 

財産分与と年金分割を求める場合

財産分与の請求にも時効があり、慰謝料請求と同様に請求可能な期間が規定されています。

 

期間は慰謝料請求とは異なり2年間となります。

 

また年金分割の請求手続は、原則、財産分与と同様に離婚成立から2年を経過した場合にはすることができません。

 

ですので、年金分割の請求、及び財産分与を求めるなら離婚後2年以内に調停の申し立てをしましょう。

 

 

養育費には時効がない

養育費は親子関係に基づく法律上当然発生する親の義務です。

 

ですので、離婚時に養育費を取り決めていない場合は、原則的に子供が20歳になるまでは、いつでも請求できます。

 

ただし、相手に養育費を払わすことができるのは、原則、調停を申し立て時以降の養育費についてです。

 

申し立て以前の養育費については、相手に払わすことは基本的には出来ませんので、一刻も早く調停を申し立てることが必要です。

 

 

 

時効期間が過ぎていなくても請求できないケース


慰謝料や財産分与などの時効期間が過ぎていなくても、相手にそれらを請求できないケースがあります。

 

それは、離婚協議書などに「清算条項」を入れている場合です。

 

清算条項とは、次の様な内容の文面です。

 

「本件離婚に関し、お互いに債権債務がないことを確認する」

 

「名目を問わず何ら財産上の請求をしないことを約束する」

 

この様な文面は、慰謝料や財産分与請求の権利や義務などを、放棄または免除したものと取り扱われます。

 

ですので、離婚時にこの様な文面を入れた離婚協議書などを取り交わしたのなら、請求は困難となります。

調停を申し立てれば、一応調停を行ってくれるしょうが、相手が支払いを拒否すればそれまでです。

 

ただし、養育費については例外があります。

 

例外とは、監護者の親の資力だけでは、子供が生活に困窮する場合です。

 

この様な場合まで、養育費を請求しないという約束に縛られるのは適切ではない為、もう一方の親に養育費を求める事が可能です。

 

 

 

調停の申し込みはなるべく早く


お伝えした通り、離婚後であっても時効期間内であれば、慰謝料や財産分与を請求できる権利は確保されます。

 

とはいえ、なるべく早く調停の申し立てをすることが重要です。

 

なぜなら、慰謝料請求する場合は、時間が経てば経つほど、事実関係が曖昧になるからです。

 

また財産分与に関しても、財産が処分されている可能性が高いです。

 

そうなると、状況が複雑化し、離婚前よりも合意することが難しくなる可能性が高いです。

 

ですので、離婚を成立後すぐにでも調停を申し立てる方が望ましいでしょう。

 

 

 

離婚調停に強い弁護士を無料で見つける方法

離婚を何よりも先に成立させたくて、離婚条件に関する取り決めをしなかった。

 

そこであなたは弁護士を通して、離婚条件を取り決める為の調停を申し立てようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 調停に強い弁護士に相談したい
  • 慰謝料が得意な弁護士に相談したい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 財産分与は絶対確保したい・・・などなど

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚調停に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジ色のボタンをクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方