離婚調停 デメリット

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

離婚調停を利用する5つのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前回は「離婚調停を利用する4つののメリット」について取り上げました。

 

今回はその反対のデメリットについて取り上げますね。

 

あなたも離婚調停をするなら、デメリットについても、しっかりと知っておきましょう。

 

前もって、「知ってるor知ってない」では全然心の持ちようや結果が違いますよ。

 

それでは離婚調停のデメリットです。

 

 

デメリット① 結果が出るまで時間がかかる


離婚調停を申し立ててから、結果が出るまでの平均は4カ月となっています。

 

これは辛いですよ。

 

だって、その間は調停のことが頭から離れないんですから・・・

 

「相手がこう言ってくればどうしよう?」
「もし調停委員が夫の肩を持ったらどうしよう?」

 

こんなことばっかりが考えてしまします。

 

私の場合は、調停が成立するまでに約6カ月もかかりました。
精神的にかなりきつかったです。

 

離婚調停は、だいたい月に1回のペースでしか開かれません。

 

しかし、協議離婚を目指すなら、月に1回と言わず、やろうと思えば、毎日でも離婚協議が出来ます。

 

毎日話合いをすれば、その分、お互いの意見や要望のやり取りが多くできます。

 

ですので、離婚条件の合意点を、早く見出すことが可能なので、離婚調停より、断然早く離婚ができるかもしれません。

 

離婚の話し合いは、早く終わらせることに越したことはありません。

 

その方が精神的負担も軽くですみます。

 

なお、離婚調停の期間に関する詳細記事は「離婚調停の期間を平均より短くしつつ、あなたが有利に進める方法」をご覧ください。

 

 

デメリット② 離婚調停は平日のみ開催


離婚調停は、平日かつ日中の時間帯しか開催されません。

 

仕事が土日祝の休みの方は、離婚調停に出る為、休みを取らなければなりません。

 

スケジュール的に変更するのが厳しい方や、仕事に穴をあけることができない方は大変です・・・

 

しかも、調停が一回限りで終わればいいですけど、ほとんどが3回以上の回数を必要とします。

 

なので、3カ月連続で休みを入れなければなりません。

 

 

デメリット③ とんでもない調停委員が担当することも


調停は、調停委員が夫婦それぞれの言い分を聞きながら進める、話合いの場です。

 

ですので、担当した調停委員の力量によって、調停の結果が左右されます。

 

調停委員には、自分の人生観や道徳などを押しつける人もいます。

 

なかには、明らかに相手の肩を持ったりする、中立性の欠けらもない人や、説教を始める調停委員も残念ながらいるんです。

 

調停委員に“当たりはずれ”があってはいけないのですが、あるのが現実です。

 

もし、“はずれ”の調停委員に当たれば、フラストレーションは溜まる一方です

 

なお、調停委員についてはの詳細記事は「調停委員を知らずに離婚調停を有利に進めることは出来ません」をご覧ください。

 

 

デメリット④ 調停調書は必要最低限のことしか記載されない


離婚を専門とする弁護士や行政書士がいます。

 

彼ら法律家に公正証書の作成依頼をすれば、離婚後のあらゆるトラブルを想定した細かな公正証書の原案を作成してくれます。

 

また、依頼者の意向に沿った内容を入れてくれます。

 

調停調書の場合、必要最低限度の内容しか記載されません。

 

ですので、あなたが入れてほしい取決めや文面を、入れてもらうのは難しいです。

 

ちなみに私の調停調書と、友人が離婚専門の行政書士に作成依頼をした公正証書を比べると全然違いました。

 

友人の公正証書は、離婚後に起こりうるトラブルを想定し、その予防が施された公正証書でした。

 

一方、本当に必要最低限のことしか載っていない、私の調停調書・・・

 

どちらの書類が離婚後のトラブルの発生が少ないかと言えば、それはあきらかです。

 

なので、離婚後のあらゆる場面を想定し、そのリスク回避をしたいのであれば、公正証書の方が断然優れています。

 

ただし、作成を依頼する専門家の力量によっては、出来あがる公正証書は全く違うところには注意が必要ですよ。

 

※調停調書についての詳細は「離婚の調停調書は、まさに効力絶大!!」をご覧ください。

 

 

 

デメリット⑤ 戸籍に調停離婚したことが記載される


離婚をすれば、そのことが戸籍に反映されます。

 

協議離婚した場合は、「年月日夫何某と協議離婚」と記載されます。

 

調停の離婚の場合は「離婚の調停成立日年月日」と記載されます。

 

このように、戸籍を見ればどのような形で離婚をしたのかが、分かります。

 

戸籍は本人しか見ないとは思いますが、再婚した場合は、再婚相手は戸籍を見ることもあるでしょう。

 

そのときに、自分の再婚相手が調停離婚をしたこと知ります。

 

そして相手が「調停離婚なんて揉めに揉めたんだな」とあまり良くないイメージを持たれてしまうかもしれません。

 

以上が調停離婚の主なデメリットです。

 

 

最初は協議離婚を目指すのが基本


離婚調停のデメリットを見てみると、メリットを差し引いても、最初は協議離婚を目指すべきです。

 

離婚協議を試みて、なるべく早い離婚合意を目指す。

 

合意が出来たのなら、専門家に品質の高い公正証書を作成してもらい、その後に離婚届を出す。

 

これが一番理想とする離婚方法ですよ。

 

調停離婚を目指すのは、これ以上話合っても合意ができそうにない場合や、二人だと暴力を奮われる恐れがある場合などです。

 

やむを得ない理由もなく、単に相手の顔を見たくないとか、口を聞きたくない。

 

この様な理由だけで、離婚調停を申し立てるのは、より良い離婚方法を自ら放棄しているようなものです。

 

長文でしたが、最後までご覧を頂きありがとうございました。

 

 

 

離婚調停に強い弁護士を無料で見つける方法

離婚を何よりも先に成立させたくて、離婚条件に関する取り決めをしなかった。

 

そこであなたは弁護士を通して、離婚条件を取り決める為の調停を申し立てようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 調停に強い弁護士に相談したい
  • 慰謝料が得意な弁護士に相談したい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 財産分与は絶対確保したい・・・などなど

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚調停に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジ色のボタンをクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方