離婚調停 雰囲気

離婚調停対策情報

調停離婚成功者がお伝えする「取り入れられる!効き目がある!」離婚調停対策ブログです。

このような雰囲気や部屋で離婚調停は行われます


初めて離婚調停を申し立てた方は、離婚調停がどのように進行するか、どのような雰囲気で行うか分かりません。

 

だから、色々と疑問や不安がありますよね。

 

例えば、どのような場所や雰囲気で離婚調停が行われるのか?

 

これも色々ある疑問や不安の一つだと思います。
今回は、離婚調停を行う部屋について取り上げますね。

 

事前にイメージして頂くことで本番は緊張感が和らぐのではないかと思います。

 

 

離婚調停は会議室のような部屋で行われる


私も初めて離婚調停を申し立てたときは、次のようなイメージを持っていました。

 

 

  • 法定で行われる
  • 裁判官が高い所から見下ろしている
  • 証言台で嘘をつかない宣誓をさせられる
  • 知らない人が傍聴席にいる

 

このように、堅~く、重~い感じで進められると思っていましたよ。

 

でも、実際は拍子抜けするぐらい“普通”なんです。

 

まず、調停は法廷では行われず、小さな会議室みたいな部屋で行われます。

 

この小さな会議室は「調停室」と言います。

 

調停室では、原告側、被告側みたいな感じで、「申立人側」「相手方側」とは分けられていません。

 

ちなみに基本的に、調停室で夫婦が同席することはありません。

 

事務用の長テーブルがおいてあり、その前後に椅子が数脚並べられているだけです。

 

裁判所内ということを忘れるぐらい“普通”です。

 

 

 

離婚調停での登場人物


次に調停室にいる関係者ですが、「調停委員」と言われる50代~60代の男女一人ずつがいるだけです。

 

家事審判官という裁判官も、初回に少しだけ同席することもありますが、基本的にいません。

 

いても、高い所から見下ろすような席には座っていません。

 

また、調停は「非公開」なので、傍聴人いませんし、夫婦の話を聞く、調停委員には「守秘義務」があります。

 

ですので、絶対知られたくない夫婦の秘密が、他人に知られる心配はないですよ。

 

 

男女二人の調停委員はテーブルを挟んで、当事者の一方と向かい合って座り、当事者から聞きとりなど行い、調停は進められます。

 

このように離婚調停は、中立的立場である調停委員を挟んで、夫婦間の問題解決を導く場です。

 

ですので、裁判みたいな雰囲気じゃないので、そんなに緊張することは無いですよ。

 

なお、離婚調停の運命を左右する重要人物は、あなたが一番接することになる「調停委員」です。

 

調停委員についての詳細は「調停委員を知らずに離婚調停を有利に進めることは出来ません」をご覧ください。

 

あなたが自分の希望する離婚調停を望むなら、調停委員の対策をしっかり行う必要があります。

 

最後までご覧を頂きありがとうございました。

 

 

 

離婚調停に強い弁護士を無料で見つける方法

仕事または家事育児に追われ、離婚調停の対策を取る時間が取れない。

 

そこであなたは弁護士を通して、離婚調停を申し立てようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 離婚調停に強い弁護士に相談したい
  • 調停委員対策もしっかりしたい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 女性が担当してほしい・・・などなど

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚調停に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジ色のボタンをクリックしてご覧ください。↓

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人紹介

管理人:まいみらい
調停離婚経験者です。私の経験も踏まえ離婚調停に役立つ情報を発信しています。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
最近の投稿
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方